取り扱い説明書

「アコギスト宣言!!」は、アコースティックギターが好きなが自分のCDやレコードコレクションを元に作ったギタリスト名鑑です。ギタリスト選定の基準として「アコースティックギターをフィーチャーしたインストゥルメンタルな楽曲を1曲以上発表しているギタリスト」としています。

アコースティックギターを題材にしたWebサイトは星の数程あります。ギター演奏講座、メンテナンスティップス、マイ・ギター自慢、自分の演奏を発表する場、等々。そんな中で、このサイトは「アコギが好きで、いろいろなアーティストの演奏をCD等で聴いてみたい人たち」を対象としています。私自身もギター演奏は多少嗜みますが、奏法やテクニックについての突っ込んだ解説はしませんし、特定のアーティストについて他より詳しく解説するようなこともしていません。アコースティックギターという、あらゆる音楽ジャンルに浸透している普遍的な楽器だからこそ、音楽ジャンルや洋の東西を問わず出来るだけ広く網羅的にプレイヤーを紹介していこうという事が、当サイトの主旨となっています。アコギ好きのアナタにとって、役に立つリスナーズ・ガイドとなってくれれば幸いです。

ギタリスト一人(ユニットでの活動しか無い場合はユニットとして)につき、プロフィール等とアルバム一枚のレビューを書いています。生年月日や生い立ち、キャリア等についての情報は、それなりに資料を調べて書くようにしていますが、その正確性については責任を負いかねますので、ご了承下さい。

いきさつ

それは私が二十歳くらい、アコギを弾くことを覚えた頃...(遠い目)

もとより音楽好きで、レコードやエアチェックテープをソースに、好きなジャンルやアーティストを集めたカセットテープを作ったりすることが好きだった私が、アコギインストのコンピレーションテープづくりに励むようになるのはもう必然の流れでした(^^;)。ある時、ギター友達にそのテープを貸したら、いたく気に入ったらしくて返ってこなかったってこともありましたな。

始めたころはソースも貧弱で60分テープを一杯にするのがタイヘンって感じでしたが、数年が経つとCDコレクションが膨大になりすぎてテープ編集(今じゃCDかMDですな)も、とんとご無沙汰に。そんな状況の反面、自分の好きなモノを他人様に紹介したいという欲求と「なんかホームページ作りてーなー」というムラムラが、このサイト作りの動機になりました。'98年の年明けの頃でした。

「アコギスト宣言!!」

サイトの名前を考えていて、ふと「アコギスト宣言」という単語が浮かんだので、あまり考えずに命名しちゃいましたね(そうです、「ゴー宣」の愛読者です ^^)。ただ、ページデザイン時に手持ちのフォントの関係もあって、バナーは英語のタイトルになっちゃってます。正式名称? うーん、お好きな方をどうぞ。

「アコギスト」という、アコースティック・ギタリストを縮めたこの造語も、サイト名と同時に自然発生的に浮かんだもので、おそらくマイ・オリジナルだと思います。最近ではあちこちで聞くようになったし、ずばりこの言葉をアルバム名にしているギタリストさんもいらっしゃったりして、ちょっと嬉しいですね。

なんでインストだけなん?

私がギター・インストが好きだからです... っていったらミもフタもないか。実際のところ、唄の伴奏ギターまで範疇に入れてしまうとハッキリ言って収拾が付かなくなっちゃうからです。全国ラーメン店一覧を作ろうとしても到底ムリだけど、「絶品! ネギラーメンミシュラン」だったら何とかなるな、みたいなものかと。

ちなみに伴奏ギターも決して興味が無い訳じゃないですよ。「ああっ、この弾き語りイイなぁ?」と思いながらもインスト曲が無いので泣く泣く掲載を断念する、というのも自分に律したルールを死守するマニアックな楽しみとゆーか。アホですな。

好きなアコギスト

Pace de LuciaDjango ReinhardtMichael HeadgesBaden Powel、そして山下和仁。まぁ、実はその時の気分でくるくる違ったりする訳だけど、この5人は私の神様ってことで...

過去の栄光

開設からしばらくして('98年2月頃)、Yahoo! Japan の「今週のオススメ」で紹介されました。いやー、あの時のカウンタの上がり方はスゴかった...

リンク

はどうぞご自由に。