Rev. Gary Davis

(ゲイリー デイヴィス)

Bio

USA , 1896-4-30 〜 1972-5-5

Genre

ブルーズ

Keywords

スティール弦ギター フィンガーピッキング

Profile

12弦ギターを使って華麗かつ重量感のあるブルースを聴かせてくれる黒人アコギスト。南カリフォルニア出身だが、ストリートミュージシャンを営みながら1935年にニューヨークでレコードデビューを果たしている。年代からいうと、いわゆる「戦前ブルース」ということになるのだが、彼の場合、死の直前まで現役プレイヤーだった為か変に伝説化されていない所がいい。フィンガーピッキングで奏でられる彼のギターはカントリー的要素が強く、多くの場合、唄のメロディーラインをなぞるかたちで演奏されている。

Disk

From Blues To Gospel

From Blues To Gospel

ラグタイムやデルタブルースのリリースで有名な Biographレーベルから。録音は'71年だというから、まさに今際のつぶやきという感じである。このとき齢は70を越えている訳だから多少たどたどしいプレイもあるのだが、ボーカルなどは実に切れ味鋭く、全盛期はどんなに凄かったのだろうと感慨深くなる。インストは「Crow Jane」の唯1曲。ギターではなくブルースハープだが「Lost John」も素晴しい。「I Heard The Angels Singing」は何故こんなに泣けるんだろう。


Buy

Amazon.co.jp iTunes Store

Links

http://www.revgarydavis.com/

Referred From

Ernie Hawkins, Woody Mann, 野澤 享司, Antoine Payen, Rick Ruskin, Harry Taussig

Videos

   

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Beat Ukulele
Betho Davezac
Angelo Debarre