Fareed Haque

(ファリード ハーク)

Bio

USA , 1963 〜

Genre

ジャズ/フュージョン

Keywords

ガットギター スティール弦ギター フラットピッキング

Profile

無国籍かつ浮遊感のあるトランスが魅力の、ジャズ/フュージョンギタリスト。なんでもパキスタン人とチリ人のハーフだとか。幼少の頃からピアノやクラシックギターを叩き込まれたらしく、アシッドしつつもバリバリに知的なところがまた憎い。日本での知名度はいまひとつかもしれないが、彼のコラボ歴を辿ると Dave Holland や Sting、Joe Henderson、Lester Bowie、Ramsey Lewis と大物がゾロゾロ。そういえば、'88年のデビューアルバムは、Sting 主催のレーベルからだった。クラブ・ジャズ的な印象の割には、アコギでの演奏が多いのが意外で嬉しい。John McLaughlin や Santana あたりが好きな人ならハマるかも。

Disk

Deja Vu

Deja Vu

'97年、CSN&Y の名作「Deja Vu」をアルバムごとジャズギターでリスペクトした珍しいアルバムで、Blue Note からのリリース。構成も少しヒネってある程度で、曲順はオリジナルそのままだし、何よりアコギ主体で作られているのがミソである。「Teach Your Children」や「Our House」のように比較的素直にオリジナルのモチーフを保ったものもあれば、「Carry On」や「Woodstock」などは、導入部以外は原曲のカケラも無くなるほどエレクトリックにトランスしまくってて、いやー、なかなか面白い。全体を通して流れる無国籍エスニックなテイストは彼一流のもので、Steve Tibbetts にも似た抹香臭さがイイ。David Onderdonk というギタリストがずっとセカンドギターで参加しているんだけど、時には壮絶な Super Guitar Trio なみのギターバトルも聴き処ではある。最後に「Teach Your Children (Reprise)」のみで、Fareed Haque の無伴奏ガットギターが短く弾かれ、幕を閉じる。


Buy

Amazon.co.jp iTunes Store

Links

http://www.myspace.com/fareedhaquegroup

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Beat Ukulele
HAPA
Chris Hardy