Charles Pettee

(チャールズ ペティ)

Bio

USA

Genre

カントリー ブルーグラス

Keywords

スティール弦ギター フラットピッキング

Profile

ノースカロライナはアッシュヴィルで活動するブルーグラス・シンガー・ソングライターで、マンドリンとギターの腕前も確か。Shady Grove Band および FolkPsalm というユニットを営む傍らソロ活動もしているらしい。旧き良きカントリーのエッセンスをきっちりコアに持ちながら、Dawg ライクなジャズ・フレイバーも漂わせる、好感の持てる音楽性だ。インストルメント・プレイヤーとしては、マンドリンがメインのようだが、ギターの方も実にこなれた感じで、インストメインのアルバムも作ってくれないかなー。

Disk

It's All In Your Mind

It's All In Your Mind

'97年、ウッドベースやドブロ・スライド、バンジョーらの多彩なゲストを迎え、ときには華やかなバンドサウンドを聴かせ、時にはソロやデュオで迫る、アコースティックなソロアルバム。曲も全てオリジナルナンバーだ。Pettee のボーカルも、個性的とは言えないものの、マイルドで人をリラックスさせる心地よさがある。インストナンバーが数曲含まれているが、ギターメインなのは「Black-Eyed Susan Has Come And Gone」なるミドルテンポなブルーグラス・チューン1曲だけ(しかも1分半とちょっと短い T_T)。


Links

http://www.charlespettee.com/

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Beat Ukulele
Clemens Maria Peters
Al Petteway