Tony Rice

(トニー ライス)

Bio

USA , 1951-6-8 〜

Genre

ブルーグラス

Keywords

スティール弦ギター フラットピッキング

Profile

ブルーグラス界において、最もジャズフレイヴァーなプレイを聴かせる、大変スリリングなギタリストである。ブルーグラスというのは、フラメンコあたりにも似て一族興行・一子相伝的な世界が生きており、セミプロ・ミュージシャンを父に持つ彼も9才の時にラジオデビューを果たしている。ブルーグラスギターの革新者である故 Clarence White に手ほどきを受けた後、'67年に本格的にブルーグラスに取り組み始める。飛躍の契機となったのは、'70年代後半に David Grisman のグループに参加したことだろう。Grisman の提唱するブルーグラス✕ジャズ÷ジプシースィングとでも言ったらいいのか、所謂「ドーグ・ミュージック」が現在の彼の音楽の基盤になっているのは間違いない。「David Grisman スクール」は現在の第一線で活躍するスーパーミュージシャンの数々を輩出し、その筆頭株が Tony Rice という訳だ。

Disk

Mar West

Mar West

Rice のアルバムを全部聴いた訳じゃないが、'83年のこの「Mar West」は飛び抜けてテンションが高い。各メンバーが順繰りにアドリブソロを繰り広げるのは、ブルーグラスの基本フォーマットだが、Richard Greene (フィドル)、Sam Bush, Mike Marshall (マンドリン)、Todd Phillips (ベース)と、Rice のギター以外も負けず劣らず素晴しいので、40分間興奮させられっぱなしである。楽曲は、Miles Davis の「Nardis」を除いて全て Rice の自作で、この辺も新世代グラス(Rice はスペース・グラスと呼んでいるらしい)に相応しい。


Buy

iTunes Store

Links

http://www.tonyrice.com/

Referred From

Norman Blake, Dan Crary, David Grier, Jim Hurst, Steve Kaufman, Mark O'Connor, Bryan Sutton, Eric Thompson, Clarence White

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Beat Ukulele
Niño Ricardo
Slim Richey