Doc Watson

(ドク ワトソン)

Bio

USA , 1923-3-3 〜 2012-5-29

Genre

カントリー フォーク

Keywords

スティール弦ギター フィンガーピッキング フラットピッキング

Profile

'60年代初頭に吹き荒れた米フォーク・リバイバル。ご存知のようにそこからは、Bob Dylan のような今に続くビッグスター達が誕生した訳だが、たとえば Dylan が「言葉の鉄人」であるなら、「ギターの鉄人」はこの人であろう。盲目のシンガーにして超絶ギタリスト、Doc Watson だ。生まれはアメリカンフォークの故郷、アパラチアン山脈が縦断するノースカロライナ。幼くして失明した彼を支えたのは、音楽好きの家族たち。父からバンジョーを与えられて手ほどを受け、同様にして育った兄と街角でのバスキング。そんな毎日が地元ラジオ音楽番組でのレギュラー出演、国内巡業、遂に'63年のニューポートフォークフェスティバルでの大ブレイクへと繋がっていく。'60年代以降は息子の Merle と共にコンスタンスに活躍。'85年に事故で Merle を失うが、立ち直った以降もふたつのグラミー賞を受ける等、彼のキャリアを集大成するような実りある活動を続け、'12年に病没。神業的なギターのみならず、実に渋く味わい深い歌も含めて、その音楽は後続に多くの影響を与えた源流たる「深い河」。ルーツミュージック探求の徒には是非聴いて欲しい。

Disk

Doc Watson

Doc Watson

'64年、40歳となっていた彼の遅咲きな出世作。インストでは「Black Mountain Rag」と「Doc's Guitar」が収録されているが、この2曲が凄かった。前者はまるでフィドルのように快速でスムースなクロスピッキングが、後者もシンコペーションを織り交ぜたスリリングな速弾きツー・フィンガー。今のようにアコギインスト音楽がそうは豊富でなかった時期、それらがどれだけ聴衆を驚かせたかは想像に難くない。アルバム発売当時は、「ドックのブラックマウンテンを聴いたかい?」がギターフリーク達の挨拶だったとか。今の耳には地味な音楽に聴こえるかもしれないが、間違いなく「歴史を変えた1枚」なのだ。


Buy

Amazon.co.jp iTunes Store

Referred From

Russ Barenberg, Pierre Bensusan, David Doucet, Dakota Dave Hull, Jim Hurst, Steve Kaufman, Philip John Lee, Jim Nichols

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
Beat Ukulele
Sean Watkins
Sylvester Weaver